アニメーターとは、キャラクターや背景などの動きを描く仕事です。アニメは、企画からシナリオ、仕上げ、撮影といったいくつもの工程からできていますが、アニメーターは主として「作画」といわれる部分を担当しています。アニメーターには分担が決められており、動画のポイントになる絵を描く人は「原画マン」、その間のコマを描いていく人は「動画マン」と呼ばれます。アニメーターとして最初は動画マンからスタートし、次第に原画作業へとステップアップをしていきます。さらに力がつくと、作画全体のチェックをする作画監督になることもできます。アニメーターになるには特別な資格がいるわけではありませんが、絶対に必要なのは画力です。ただ、想像して自由に絵を描くことよりも、画面構成力やデッサン力が求められます。

アニメーターの就職先や活躍場所

アニメーターの就職先や活躍場所はいくつかあります。大手のアニメ制作会社はテレビ局とつながっていることが多く、企画の提出から納品まで、すべての工程を自社で行うので、全体的な制作工程を学ぶことができます。就職は簡単ではありませんが、アニメーター志望者の多くは、大手制作会社を受けます。次に中小プロダクションです。規模が小さくなると、大手の制作会社のように、企画から制作といったすべての項目を自社で行うわけではありません。大手制作会社から仕事を請け負い、制作業務のみを行います。次に専門スタジオです。撮影だけ、作画だけといったように、制作に関する工程別で請け負う専門のスタジオも存在します。アニメーターという仕事は、大手に就職できる人のほうが少ないのが現実です。そのため、余儀なくフリーランスで働いている人も多いのです。

アニメーターの魅力について説明します

子どもから大人まで、世の中にアニメファンはたくさんいらっしゃると思います。アニメは、人に笑いや涙、そしてわくわく感を与えることができる魅力を持っています。アニメーターの存在は、アニメを作るためには絶対に欠かせません。自分が手がけたアニメで多くの人々が喜んでくれることは、この仕事の大きな魅力と言えます。他にも、チームプレイで働けるということがあります。アニメーション制作にはチームワークが大切です。アニメーターを含め演出家など様々な部門のプロがお互いを認め合いながら作っていきます。自分だけが頑張るのではなく、チームワークを発揮して働けるということは、アニメーターの仕事のもう一つの魅力であると思います。最後に、手に職がつくことです。アニメーターは専門職であるため、技術を身につけばさらなる活躍もできます。あきらめずに頑張っていけば可能性はどんどん広がっていくことでしょう。