キャラクターの動きや背景などを絵として1枚ずつ描いていくアニメーターの仕事が人気になってきています。昨今のアニメブームの影響も関係しており、若年層を中心にアニメーターを目指す方が増えてきているのです。アニメーション作品を制作するときには、まず企画から構想をしていきます。その後、シナリオを決定、企画やシナリオの仕上げ、撮影などの様々な段階を得て制作されます。その中でアニメーターが行うのは作画です。アニメーターが行う作画は企画やシナリオに沿った絵を1つ1つ描いていくのです。作画にも種類があり、アニメーションの中でも動きがある部分、そのポイントとなるものが原画です。また、この原画と原画のつなぎとして間に入る絵を動画と言います。それぞれ経験や技術的な要素で別々のアニメーターが担当するケースが多くなっています。

アニメーターが行う仕事内容とは

アニメーターは一般的に、原画を中心に制作を行う原画マン、逆に動画を中心に制作を行う動画マンの2種類に分けられます。経験が浅いアニメーターの場合、動画の制作を中心に行う動画マンから行うケースが一般的な流れとなります。アニメ制作を行う時のアニメーターの流れですが、まずは脚本家が仕上げた脚本に従うこと、演出家が手掛けた絵コンテに従うことから始めます。それぞれの内容に沿って原画マンが原画の動きを考えていきます。構想が終わったのち、原画の制作に取り掛かります。このとき、原画マンは一つ一つの原画の間で必要となる枚数を決定していく必要があるのです。次に動画マンです。動画マンは原画マンが決定した枚数の動画を制作していくことになります。この動画があるかどうかで原画の動きが滑らかになるかどうかが変わってくるのです。

アニメーターの仕事の最大の魅力とは

アニメーターとして仕事を始めたころは、しばらくは動画の制作ばかりになるでしょう。ですが、ここでしっかりとした経験を積み、実績を積み上げることが重要なのです。でなければ原画マンへのステップアップは出来ないからです。まずは動画マンとして様々なアニメーション制作に携わり、原画マンとして仕事を任されるくらいまで腕を磨くことが大切ということになります。原画マンになり、実力が備わってくると、作画監督として作画に関する工程をすべて任してもらうことができるようになります。そうなると、アニメーション制作の中心人物として、アニメ制作に携わることができるのです。一つのアニメーションが自分の携わった仕事によって構成されている、これがアニメーターの仕事の最大の魅力の一つでしょう。少しずつ、着実に経験を積み、腕を磨くことが作画監督への道であると言えるのです。