アニメや映画は多くの人の力の結集で成り立っています。その中のひとつ、アニメーターの仕事とは、キャラクターの動きや背景を一枚一枚画に起こす仕事です。その作業を作画といい、シナリオや企画に合わせて描いてきます。アニメーションのポイントとなる「原画」と、原画と原画の間に入る「動画」の2種類を、それぞれの担当が描いていきます。それらをつなげることで、自然な動きのアニメーションが完成します。新人のうちは動画を任されることが多く、早くて2年ほどで原画に携われるようになります。もっとステップアップすれば作画監督にもなれます。アニメ制作会社に就職し活動するのが一般的で、大手の制作会社なら著名な作品に携われる機会も持てます。また中小の制作会社も多くが東京に集中しており、プロダクションと呼ばれています。

アニメーターの仕事の魅力について

アニメが好きな方なら一度はあこがれる職業であるアニメーター。熱狂的なファンも多く、笑いや感動、涙を、見る人に与えられる力を持つアニメの世界に携われるなら、とてもやりがいがあるでしょう。自分が手掛けた作品で多くの方を感動させられる喜びは大きいです。また、アニメは大勢の力の結集で成り立っており、互いの力を認め合いながらチームプレイで作り上げていくことに達成感を感じられます。新人の間は収入も少なく、少々厳しい生活を強いられることもあります。しかし、何年か続けることで少しずつステップアップでき、大きな仕事や有名な作品の絵なども任せられるようになります。アニメーターは専門職であり、技術を学び経験を積んだら更なる活躍の場へ踏み出すことも可能です。地道にコツコツ努力できる方に向いている職業です。

アニメーターの収入と働き方について

アニメーターのお給料は大方歩合制です。制作会社の社員であっても、正社員や契約社員としての雇用形態でない限りは、こなした仕事に見合った報酬としてお給料を受け取ります。動画作成は1枚あたり150~250円程、原画制作になれば1枚2,000~2,500円程、大量の絵を完成させるほど収入を稼ぐことができます。アニメーターの年収は調査によれば20代で110万円ほど、30代で214万円ほどと同年代の平均年収と比べても低く、苦労も考えられます。夢を実現するための勉強期間と思い、入社前にしっかり貯金をしておくことがおすすめです。たくさんの絵を描き、描くスピードを上げ、早く上達していくことが給料アップのポイントです。フリーランスのアニメーターも多く、多くが自宅で作業をしています。フリーランスが集まってスタジオなどで作業をしていることもあります。